*All archives* |  *Admin*

2018/06
<<05  1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30  07>>
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
シルバーアクセのメンテ!
通常皆さんが良く身に付けていらっしゃるいわゆる シルバーアクセサリー そのほとんどが 925 若しくは sterling と刻印されています。 これは、純銀に銅を7.5%混ぜた合金で出来ています。 一般的には スターリングシルバー 若しくは シルバー と呼ばれています。 銅を含有することで、金属の持つ 硬度 が増し、傷が付きにくくなる等の利点があります。 因みに、私の教室で使われている 純銀粘土 は、焼き上がりが純銀で出来上がります。 最近では925で焼き上がる新素材も開発されています。 その5で これからの時期、汗は天敵!!です。と、お話しました様に、純銀であれ、925であれ、銀製品はすぐに変色します。 メンテするには、市販の銀様クリーナー液に浸ける、専用のクロス(布)で軽くこするなどが一般的ですが、ご家庭にある 重曹 が一番です。 これに水道水を加えてペースト状にし、指先で軽くこすりますとピカピカになります。 歯ブラシに付けても有効ですね。 また、歯磨きペースト を使うのも良いです。 歯磨きには微細の研磨剤が入っている物もあるので、それで軽くこすっても良いです。但し、良く洗い流して下さいね。 あと、小傷の簡単なメンテ方として、ゼムクリップが使えます。 クリップをシしっかり持って、棒状の部分をアクセ表面に軽くこすり付けてみて下さい。極浅い様なスリ傷程度ならば艶が出せます。 但し、傷の付いたクリップでは意味がありません!! (※注 金、プラチナ等の高価なアクセには行わない方が・・・。) 固い金属を、柔らかい金属に押し付ける事で、柔らかい金属表面の組織が押しつぶされて、艶が出る!!と言った原理で、実際にジュエリーの仕上げには 磨きへら という鋼鉄の棒状の道具が使用されています。
当社FBページ シルバーアクセサリー作りちょこっと こらむ 』その6 より引用
https://www.facebook.com/#!/monozukurihiroba
プロフィール

ものづくり広場

Author:ものづくり広場
   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

長野県諏訪市の七宝焼製造販売、Photoエマーユ(写真七宝)、シルバークレイ(銀粘土)、手作りキャンドルの専門店です。(昭和24年創業・今年で65周年)
七宝ショールーム『杜のちっちゃな美術館』ではアクセサリーから装飾品・関連材料の各種アイテムを展示中!!『ものづくり広場』では、各種工芸教室を通じ、『ものづくり』の楽しさを発信中!おすすめ講座は『シルバークレイ&七宝』『手作りキャンドル』この度、手作りキャンドル工房オープンしました。手作りキャンドル講座は、小・中学校体験教室、親子レクに大人気!!ジェルキャンドル講座もキャンドル工房新メニューとしてこの度開始。カルチャー、趣味の講座等に出張(近県)も致します。各種イベントにもご利用下さい。当方の『ものづくり技術』をぜひ使って下さい。

shinano7をフォローしましょう

FBページ 
https://www.facebook.com/monozukurihiroba?ref=hl
   ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。